マカロン

psyche-comic2007-01-27

カロンって、よくなんとなくホテルとかにおいてあるのを食べたことはあるけど、自分で買ったことないなー。って思っていました。

土曜日はワタリウム美術館、外苑前までいくので、途中にある有名らしい、表参道のピエール・エルメをもとめてさ迷う。
ピエール・エルメ・パリ -PIERRE HERMÉ PARIS-
完全に土地勘がなくなってしまい、あっちこっち行っちゃって、一緒の方にご迷惑をおかけしました!
そんで、3個で750イェンのマカロンを帰宅後いただく。


んー。やはり率先して買わない味ではありますが、雰囲気だけでも可愛くて満足です。今度はほかのsweetsもぜし。

watari-um -exshibition - ボロボロ ドロドロ展

浅野忠信,tatanobu,asano.浅野忠信、ドローイング、次回展、ワタリウム美術館、WATARI-UM
帰ってきた日本のサブカルチャー、おぉ。
河井美咲(日本、アメリカ在)テイラー・マッキメンス(アメリカ)
二人のコラボレーションエクシビションで、楽しい感じがしました。テイラーさんの絵は色使い、組み合わせがきれいで、ドロドロだけど、ポップで、キース・へリングを思い出しました。河合さんの絵は、小学校のときこういう絵をじゆうちょうに描く人となりの席にいたなぁっていうぐらいの「ヘタうま」。私のほうがうまいょって思わせる、懐かしい感じの絵。
と、地下のアートショップで思わぬものをみつけてしまった!!

I COME FROM NOWHERE" - 僕はどこでもない処から来た - 1960/1980 ふたつの時代のウォーホールが、今度はRAHで立体化!
MEDICOM TOY - INFORMATION
なんとWarholフィギュア。ぉあふおいhが@9おいyh
相当悩んだ末、日本限定400体。という言葉におされ、80年代のウォーホールくんを買ってしまいました。体長300mm。でかっ。いゃホントいきなりおもわぬ出費ですょ。おくところないですよ。60年代の方はさすがに断念。でも一緒にかわいいお買い物袋も購入してしまった。
ついでにいうと、これも欲しかったのですが。

Andy Warhol

Andy Warhol

と、物欲って恐ろしいと思った日。あぁー、私の大学の先生だったら『資料代』っていって買えちゃうんだろうな。

タップくん - 買うべきかな?

ちょっと時系列があってないけど、水曜日に某銀行時代の同期で新年会をしました。とてもタノシかった。そのときに水瓶座のnancyたちに誕生日プレゼントを、と前日お得意のヴィレッジ・ヴァンガードにたちよる。ほどなくたんプレは決まった。
が、しつこくうろついていると・・・・なんかさ、これ、だれだったっけ?懐かしい感じ。超かわいいんですけどーー。


帰宅してネットで調べる。
NHKおばけ、『いちにのさんすう』!ネロの声の人!

4200イェンはお高いですが。
しかもお兄さんは「ついでにとんちんかん」のぬけさく先生の声!!(覚えてないけど)うぉおおお・・・。orz

■出演者
喜多道枝(タップくん)、吉村よう(ヨシさん・故人)

■概要
1975年から1994年まで放送された教育番組。小学1年生の児童に算数の基礎となる考え方を楽しく感じ取ってもらうのがねらい。オバケのタップくんとお兄さんが、登場する問題の解決に迫り、試行錯誤をくり返すのが毎回のスタイル。野外ロケも多く、算数らしくない算数番組として子どもたちの人気を得た。
■補足情報
・タップくんの声はアニメ「フランダースの犬」でネロ役を演じた喜多道枝である。
・一方、お兄さんは何人か交代している。映像に登場した「ヨシさん」こと吉村ようは、1979年〜1985年にお兄さんを担当。後に、アニメ「ついでにとんちんかん」で間抜作(あいだぬけさく)先生の声を担当した。

http://www.nhk-ep.com/chara/ichini/index.html
野外ロケを活用するなど、算数らしくない算数番組として 子供の興味をひきつけました。
算数らしくない算数番組